物語には義務があった岩手の割り切り

 

N夫人:「ガラさんのブログ、私とユリさんはメールで私に話しかけたでしょう。

岩手割り切り

弁護士Y:「ユーリ、あなたはそのクレカ詐欺についてグループAからの提案があったかどうかの記録を持っていますが、裁判官の名前を覚えていますか?」岩手の割り切り

I:「覚えていない(> <」

それは、その裁判の終わりとガラさんの奉仕の終わりではないでしょうか?
蒸しがあるので...岩手の割り切り

ただし、グループAがGハラ氏に対して訴訟を起こした場合、Gハラ氏は証明する義務があります。
G原氏はそれを証明する以外に選択肢はありません。

I:「Gさん、なぜその奇妙なことをブログに書いたのですか?どうでしたかN山さんとAグループの反人とコメントで話していましたか?」

I:多分、G氏は物語の物語であるはずでしたが、他の人が彼のブログで物語を書いている間に広がったG氏としての誤算でした。 おもう。 」岩手の割り切り

N夫人:「G氏がA組織に誠実に申し訳なく、ブログを削除できる場合、その意図は何ですか?」

私もそう思います (・ _ ・

(持続する)岩手の割り切り
「Hシリーズ★激恋」
私が店に着いたとき、私は最初を得ました。 私が指定席に座っていたときに来た3人のグループ。

この男はY弁護士ですか? 高齢の静かな人。岩手の割り切り

弁護士Y:「本日はご参加いただきありがとうございます。 はじめまして、ユーリ。」

T未亡人:「Yuri、Y Lawyerは夫の恩人です。 彼は最後まで夫のことを気にかけ、その後ずっと注意を払っています^^」

弁護士Y:いいえ、私はよくT未亡人に学んでもらいます。T未亡人は肯定的であるため、彼は亡くなった夫に対応しようとします。 」岩手の割り切り

未亡人は元気な女性なのだろうか。
T氏にそのエネルギーを注ぎ続けた後、T氏の死を利用するつもりですか?

コメント